「中小企業経営革新支援法」は、経済的環境の変化に即応して中小企業者等が行う創意ある向上発展への取り組みに対し、様々な支援策を講じることで、国民経済の健全な発展に資することを目的として、平成11年7月に施行されたものです。
 中小企業や組合などの方は、所定の様式に従って「経営革新計画」を作成し、この計画について法に基づく知事の承認を受けますと、計画期間中、政府系金融機関による低利融資や信用保証・課税の特例など幅広い支援措置を利用することが可能となります。
戻る